【腸内善玉菌を育てるオリゴ糖の種類】

抗関節炎効能が期待される特別なオリゴ糖

概要

アガロオリゴ糖は、寒天が原料のオリゴ糖です。

 

寒天というのは天草(テングサ)という海藻から採れるトコロテンの干物で、デザートなどに使われる、あのカンテンです。

 

このオリゴ糖は、かなり特殊な効能を持っていて、医学的に注目されています。

 

グルコサミンなどと同様、老人の運動機能を保つサプリ分野での応用が期待されています。

 

タカラバイオ(株)など、バイオ企業が熱心に研究開発を進めています。

 

効能

一般のオリゴ糖は善玉菌の増殖に役立つのが主な効用ですが、アガロオリゴ糖の効能は多岐にわたっています。

 

抗炎症作用 プロスタグランディンE2など炎症を起こす物質やIgE抗体の生成を抑制します。
抗酸化作用 SODなどの抗酸化物質を活性化させます。その抗酸化作用は強力なものです。
抗関節炎作用 加齢に伴い、変形性膝関節症に代表される関節炎が老人を運動障害に追い込みます。それらはロコモーティブ症候群とも呼ばれ、メタボ症候群に次ぐ大問題とされています。アガロオリゴ糖には関節炎を抑制する作用があることがわかっています。
アトピー性皮膚炎抑制作用 皮膚炎モデルマウスの動物実験で有意な改善結果が得られています。
解毒作用 体内の有毒物質を分解する肝臓の解毒酵素(グルタチオンS-トランスフェラーゼやUDP-グルクロノシルトランスフェラーゼ、キノンレダクターゼなど)を活性化することが、タカラバイオ社の実験で判明しています。
発癌予防作用 TPA皮膚がんモデルマウスの動物実験で、明らかな抑制効果が確認されています。
美肌作用 肌の衰えを自覚する中高年女性13名を対象にした実験をタカラバイオ社が実施し、しわを減少させる効果を得ました。
腸管保護作用 炎症性腸疾患モデルマウスの実験で、腸炎を抑制する作用が確認されました。

 

上記の中でも抗関節炎作用は特に注目されていて、この効能でのサプリがすでに発売されています。

 

化学的説明

カンテンは化学的には多糖類で、単糖の長い連鎖です。

 

これを切断して、2糖(Agarobiose)、4糖(Agarotetraose)、6糖(Agarohexaose)、8糖(Agarooctaose)を作ります。

 

アガロオリゴ糖はこれら4種類のオリゴ糖の混合物です。